2ちゃんの本棚 -2Story-

カテゴリ

カテゴリ:自分語り

妻を交換した話をしてみる

カテゴリ:
001
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 21:29:05.99 ID:u6xjXyHU0
立ったら書く
四者の明確な合意の上で行われたから、NTRとはちょっと違うかもしれないのでマニアの人はごめん。
スペック:
俺:当時31歳
嫁:当時27歳
顔はいきものがかりの女の子を少し太らせた感じ

広田さん:当時34歳
広田さんの奥さん智恵さん:当時31歳
すげえ色っぽい

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 21:30:16.96 ID:u6xjXyHU0
いまどき(プとか言われそうだが、俺と嫁はお見合いで結婚した。 
俺は学校出てない分早くからせっせと働いていたので、割と若いうちに 
独立することができた。 
酒も飲まないし特に趣味のなかった俺は他人から見たら、年齢の割には 
老成して見えたようで、縁談の話が初めて来たのは26のときで、 
何人目かのお見合い相手だった今の嫁と結婚した。 

今にして思えば、嫁の特にどこが良かったと言うのはわからない。 
ただ、雰囲気として「100万回生きたねこ」の最後に出会ったメス猫みたいな、 
静かに醒めた知的な雰囲気が、学のない俺の憧れをくすぐったのは確かだった。 
あと子豚みたいにむちっとした体形とロケットおっぱいも。


まだ20年間しか生きてないのに人生壮絶すぎワロリッシュwwwwww

カテゴリ:
1
1: 名も無き被検体774号+ 2012/01/04(水) 21:50:23.92 ID:YH/NVVFM0
長年ROMってきたが初スレたて。
立ったら書く

8: 名も無き被検体774号+ 2012/01/04(水) 21:52:08.95 ID:YH/NVVFM0
俺のスペック: 
大学生 
チキン 
フツメン 

10: 名も無き被検体774号+ 2012/01/04(水) 21:52:57.05 ID:YH/NVVFM0
かきためてます! 
よろしくおねがいします! 

今から20年前、俺は片田舎で生まれたわけよ。 
生まれた瞬間さ、担当医が母ちゃんの肝臓に違和感があるから大きい病院で見てもらえとか言うのwww 
これから俺を育てる人なのにwww 
で母ちゃんは父ちゃんに相談したわけwww 
そしたら余裕っしょとか言うのwww 
父ちゃん楽天的すぎwww 
で母ちゃん、その影は前にかかった肝炎の名残かなんかだと勝手に納得しちゃって病院行かないでやんのwwwwwwテラどじっこwwww 

11: 名も無き被検体774号+ 2012/01/04(水) 21:53:41.39 ID:YH/NVVFM0
でそのまま俺3歳まで皆に愛されて幸せに育ったわけwww 
それが自分の最盛期だとも知らずにwww 
で俺が4歳になった年、かあちゃんの体に異変が生じて、病院に運ばれた。 
母ちゃんの兄で俺のおじにあたる人が病院につきそったら、 
医者がご家族の方だけちょっと来てくださいとか言うのwwwwww 
なにそのフラグwwww 
でおじだけ行ったら、 
肝臓癌で余命半年ですとかwwwwww 


俺の母親がPTAを改革した話

カテゴリ:
1
1: 名無しさん 2016/06/01(水)22:39:47 ID:duj
立ったら書く

2: 名無しさん 2016/06/01(水)22:40:38 ID:duj
弟が小学生の時だから6年ほど前になる。
弟が通っていた小学校は新設校で地域の小学校3校が合併してできた小学校だった。
当時弟は第1期生で6年生だった。
当時からと言うか昔からPTA役員と言うのは中々決まるもんではなかった。
無論、その時も決まらず、新設校という事もありより決まることがなかった。


彼女いない歴=年齢がスローセックスを覚えた結果

カテゴリ:
1
1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2014/01/25(土) 14:44:14.28 ID:0wf2YhiP0
彼女より先にセフレができた

2: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2014/01/25(土) 14:49:52.83 ID:0wf2YhiP0
立ったから書く 

ことの発端は会社の飲み会だった。 
会社の先輩が彼女できたことがない俺のことをいじってきたんだ。 
会社の中では俺に彼女がいないことは周知の事実で回りの女の子にこいつに女の子紹介してくれって。 
俺は恥ずかしいのもあって「やめてくださいよww」なんてごまかしてた。

6: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2014/01/25(土) 14:58:57.23 ID:0wf2YhiP0
そのうち、俺が童貞かどうかって話になって童貞扱いされ始めた。俺もプライドがあるのでそこは「ちゃんと経験あります!!」って力強く否定した。 
しかし、先輩は「でも、お前素人童貞だろwww」って。俺は焦って「何で知ってるんですか?」って言ってしまったorz 
先輩は「知らなかったけど今知ったwww」と大笑い、回りのみんなも大笑い。 

これだけならただの晒し者なんだがなぜかそこでマジになり始めた。 
「お前俺らとだと普通にしゃべるのに会社でも女の子相手だとしゃべれないよな。」


カビキラーで死にかけた俺の話

カテゴリ:
1
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2016/03/07(月) 18:25:26.99 ID:SCspBc990.n
俺は今日シャワーを浴びに風呂場に入ったわけだ
まず身体を流し髪を洗い身体を洗い顔を洗い
出ようとするとそこで唐突に
眩暈に襲われた
そこで立ちくらみかと思い椅子に座る
だが眩暈は止まらない
全身がいきなりダルくなり
呼吸もしづらくなり
身体を拭くこともできないレベル
意識ははっきりしていたので深呼吸など試みるも効果なし
そこで5分くらいうつむいていたが
収まる気配なく
とりあえず横になりたい思いで風呂場を出るも
すぐしゃがみこむ
そこで寝るわけもいかず
なんとか身体を拭いて
マッサージ機に横たわる
15分くらい目の焦点が合わずに身体もだるい状態が続いて
ようやくおさまった


このページのトップヘ

見出し画像
×