2ちゃんの本棚 -2Story-

タグ

タグ:社会人

俺が解体業で経験した驚きの数々を書いてく

カテゴリ:
2
1: 名無しさん 2015/10/15(木)18:14:50 ID:3N8
ちな2年勤務
興味無いやつは回れ右or底辺乙と叫んでてくれ

3: 名無しさん 2015/10/15(木)18:15:55
期待


6: 名無しさん 2015/10/15(木)18:18:19 ID:3N8
まず何で解体業なんかに入ったのか
その理由だけ書いとく、俺は中卒で学も無いから資格を取るしか無いと思い数々の資格を取り倒した
その中で実用的な車両建設系機械の免許(所謂ユンボ)の実用的な技術を身につけようと思い ハサミ(ショベルカーと聞いてイメージするスコップの様な物ではなく物を挟める爪の様なユンボの先)を使う解体業に就職した訳だ
では書いてく


7: 名無しさん 2015/10/15(木)18:18:21
おもしろそう


12: 名無しさん 2015/10/15(木)18:20:40
昔バイトしたけど釘ふんで痛かったの思いだした


14: 名無しさん 2015/10/15(木)18:22:12 ID:3N8
まず最初に入って驚いたのは資格がかなり優遇されていること、俺は大型も勿論乗れたがその会社は(のちに知るが他の会社も)30過ぎでも普通自動車の免許も持ってないやつがゴロゴロいて 最初から日当(日給月給)が12000円からで3ヶ月後には13000円になったこと
まぁ肉体労働だからこのくらいは貰えるんだろうと思うかも知れんが所謂ペンキ屋(塗装職)や土木等は最初は8000円から何て所が多いためかなり驚いた

解体業とは文字どおり住宅や公共施設の家屋、基礎を解体して会社によっては自社で持っている産廃処理場で処分する仕事

新入社員が下請け企業に舐めた態度とったため俺の人生終了

カテゴリ:
1
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/04/29(水) 02:42:12.20 ID:NUTO0V2j0.n
いま帰宅・・・書きたい
聞いてほしい


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/04/29(水) 02:42:29.72
おやすみ(^o^)/

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/04/29(水) 02:42:47.52
おうねるけど書いて

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/04/29(水) 02:43:02.46 ID:NUTO0V2j0.n
きいてくれよ

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/04/29(水) 02:45:02.19
さっさと書けよかまってちゃんが

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/04/29(水) 02:45:06.99 ID:NUTO0V2j0.n
おれのスペック 
準大手企業に勤める男 
7年目 

新入社員 
慶応卒 男 
以下慶応と呼ぶ 


海外のやばいブラック企業で働いた話

カテゴリ:
1
4:名も無き被検体774号+:2012/03/03(土) 01:26:24.88
ID:2vBVxVuU0
あ、立てられた 

ダラダラと書いていく 
自分の頭の中を整理したい
 
 


11:名も無き被検体774号+:2012/03/03(土) 01:32:00.78 ID:2vBVxVuU0
どこから書けばいいのかな 
緊張して変な文章になると思うけど大目に見て欲しい 

当時、俺は日本のブラック企業で働いてて精神が完全にすり減ってた 
ウツのお薬飲みつつ頑張ってみたが入社3ヶ月でギブアップした



12:名も無き被検体774号+:2012/03/03(土) 01:34:15.89 ID:2vBVxVu
辞表を提出するも、結構名の知れたブラックだったのか後任は決まらず 
辞める予定だった前の日(つまり辞表提出1ヶ月後 
「あと1ヶ月働いてね!」と上司に言われた次の日に会社に行くのを止めた 
 



13:名も無き被検体774号+:2012/03/03(土) 01:37:14.78 ID:2vBVxVuU0
ウツの元だった会社を辞めたおかげか症状はだいぶ良くなった 
で、また新たに働ける会社を探したが 
3ヶ月で会社を辞めた俺を雇ってくれる会社はどこにもなかった 

そこで俺は考えた「海外で働こう!!!」 

海外って自由で気ままで、なんかダラダラしてても働けそうじゃん!!! 

会社にとんでもない女がいた話

カテゴリ:
43
1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/09/08(土) 09:51:57.03 ID:3e8lTqdb0
さぁ・・・

2: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/09/08(土) 09:53:03.49 ID:3e8lTqdb0
誰も居なくても、たんたんと書いていきます。

3: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/09/08(土) 09:55:07.85 ID:3e8lTqdb0
当時、私は精密機械を設計・製造する会社で営業事務をしていた。 
会社は大きくなく、社員数も少なかったが、 
一応、設計部とか営業部とかに分かれてた。 
製造する工場だけが別の場所にあったけど、 
一つの部屋で、机の島だけが分かれていて設計部も営業部も 
皆仲が良く、ワンマンな社長がちょっと苦手だったけど楽しい会社だった。

4: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/09/08(土) 09:58:37.82 ID:3e8lTqdb0
設計部は男性3人、女性1人と4人の設計士さんがいた。 
営業部は男性3人、営業事務が私を含め2人。あとは経理や総務をしてくれる 
ベテラン事務員さんが1人。 
ストレスのスの字も感じない職場だった。 
が、その楽しい日々が一人の女のせいでメチャクチャになった。


このページのトップヘ

見出し画像
×